土づくりのこだわりについて
食物の恵みは大地の恵み
堆肥や培養土などの「土」はすべての命の源泉につながる非常に大切な要素です。
私どもが位置する兵庫県と岡山県の県境付近は、自然に恵まれていて、「土」の原料が豊富に存在する非常に恵まれた地域です。
その恵まれた風土を生かして、未来永劫に必要とされるべく多種多様な「土」商品を製造しています。

「土」という商品は目立たないですが非常にデリケートな商品です。
基本的に有機物が含まれていますので、品質をある程度一定に保つにはかなりの取り組みが必要とされます。

例えばミックスジュースを作るときに、原料の中で一つでも悪い材料が含まれていると、そのジュースは体に悪い飲み物になってしまうように、「土」にも同じ要素があります。

原料原価が高いものを含めば、品質が良いとは限りません。
当社では常に原料の品質をチェックする体制が整えられています。
品質と価格の適正なバランスを常に追求していくことが、お客様にお役に立たせていただくことだと認識しています。
商品開発への取り組み
「土なんて、どれも似たりよったりでしょ…」なんて、思われていませんでしょうか?
実は、土次第で、植物の生育は驚くほど変わります。

「何度やってもうまく育たない…」と感じる家庭園芸好きの方、
「土に拘りたいけれど、自分独自の配合には手間と経費がかかりすぎる…」とお悩みの農家の方は、ぜひ弊社にご相談ください。

植物によって、適切な根圏環境は異なるため、それぞれの特徴に適した培土が必要になります。
作物に適した培養土を確実に提供するために、自社での幼植物試験や、プロ農家との共同試験を重ねています。
【開発培養土例】 トマト専用培養土・イチゴ専用培養土・各種播種用土など
私達は、家庭園芸からプロ農家まで、それぞれのスタイルと作物に合った培養土を開発し提案してゆきます。

※ 以下に弊社の検査システムをお伝えさせていただきます。

定期検査項目
  pH,EC,水分量,嵩比重の測定発芽・生育試験
頻 度備 考頻 度備 考
原料牛糞・バーク2回/月各数値に異常がある場合は
使用中止
1回/2月コマツナで発芽・生育に問題がない
ことを確認
その他の原料1回/月なし
商品農業用商品製造毎各数値に異常がある場合は
製造停止
1回/2月コマツナで発芽・生育に問題がない
ことを確認
その他の商品1回/月

 原料の検査項目
牛糞とバーク
月2回pH・EC・水分量・嵩比重を測定する
定期的に、発芽・生育試験を行う
その他の原料
月に1回、pH・EC・嵩比重を測定する
 商品の検査項目
農業用商品
製造毎にpH・EC・水分量・嵩比重を測定する
定期的に、発芽・生育試験を行う
その他の商品
月1回pH・EC・水分量・嵩比重を測定する
定期的に、発芽・生育試験を行う

発芽・生育試験
検査・判定方法
pH資料培土100ccを採取し200ccの温水に混ぜる。30分後、pHメーターで測定する
EC資料培土100ccを採取し200ccの温水に混ぜる。30分後、ECメーターで測定する
水分量資料培土10gを採取して水分計に乗せ、105℃・30分間加熱乾燥させて測定する
嵩比重500ccメスシリンダーに資料培土500cc入れ、5cmの高さから5回落して空いた上に補充し重さを測り、出てきた数値を500ccで割って求める

幼植物試験

1株あたりの部位生体重
 (g/株)地上部地下部
牛 糞10.43550.17
活 性 炭20.5850.219
市販木炭30.4570.1865
活性炭+市販木炭40.5140.188
ココヤシ炭50.05550.054

当社は原料の品質にも一定の評価を得られています。
おおまかに「土」の主原料となりますのは、「牛糞堆肥」「バーク堆肥」です。
以下に当社の「牛糞堆肥」「バーク堆肥」の説明をさせていただきます。

牛糞堆肥
弊社は昭和50年、有機土壌改良剤のはしりである牛糞堆肥を製造するところから事業をスタートさせました。
公共工事などの設計に適応できる品質の認定を受けています。
「フミライプA」という銘柄で建設物価メディア、積算資料等の物価版に掲載さています。
家畜ふん類の銘柄で、物価版に指定されていますのは全国で約10種類の銘柄です。当社のフミライプAは一度使って頂きますと多くのお客様にリピーターになって頂いています。

バーク堆肥
法面緑化基盤材のベースはほとんど、このバーク堆肥の質で決まります。
法面緑化基盤材は、その中身にそのまま種子を植え込みますので、植生の良し悪しの要素の大部分を、このバーク堆肥の質が占めています。
弊社の「バーク堆肥」をベースにした基盤材は「キンキバーク」「ハイドロベース」という2種類のブランドが、建設物価メディア、積算資料に掲載されています。
また、当社のバーク堆肥は「バーク堆肥協会」の提唱する品質基準を保持しております。
法面緑化基盤材として、植生の基準に耐えうる品質を常に保持するように原料を製造しています。
この「バーク堆肥」をベースに、園芸、農業、造園、緑化などに向けたあらゆる培養土を作りますので、安心、安全な商品の提供が可能となるのです。

Copyright(C) Kinki Agricultural Materials Co.,Ltd. All Rights Reserved.